calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

archives

K's Event

WRC
6/22-24 Rally NewZealand

APRC
3/30-4/1 Rally of Whangarei
7/13-15 Malaysian Rally
9/14-16 Rally Hokkaido

JRC
11/3-4 新城ラリー

東日本選手権
5/12-13 南信州ラリー
6/23-24 サマーナイトラリー
7/14-15 ツール・ド青森
8/25-26 アルペンアタック
10/20-21 八子ヶ峰ラリー

BRIG Hill Climb Challenge
4/21 御岳スーパークライム
6/30 MountainClimb
10/28 御岳スーパークライム

Used Rally Car

CIVIC EK9 Dirtra
CIVIC EK4 GrN
MIRAGE CJ4A Rally
IMPRESSA GC8 Dirtra

International rally of Whangarei vol2

0

    Arrival

    4/23(日) FRC Rally mountain Cross/TGRラリーが行われた夜

    メカニックなどの先発隊は出発しました。

    翌日月曜日、自分はラリーの残務処理などに一日取られ月曜深夜出発

    選手たちと空港で合流し、一路NZを飛びました。

     

    Pre serive

    Whangareiの特徴でもあるのがこのPreService

    サービスパークがオープンするまでの間、スポンサーである

    NorthTecさんが施設を利用させていただけます。

    これがコンテナで持ってくる理由の一つです。

    以前は100%独自手配でやっていた為、オークランドでおろし、

    オークランドで整備をして、オープンに合わせてファンガレイ入りする

    といスタンスでした。

    一番最初の頃は(今では禁止)インナーカーゴで車だけ送るという

    やり方だったため、このスタイルでした。

    コンテナで機材まで送るというのは「鈴木さん達には無理だから

    自分でやった方がいいですよ」と言われるくらい高嶺の花でしたが

    今では日程短縮やいろいろなコスト計算からもこちらの方が良いと

    いうことで利用させていただいています。

    『Surplus』のロゴが貼付された金藤スイフト

    今回は現地張りで施工いただきました。

    YODARALLYINGサン感謝です!

    なお海外ラリーでは、ネーム、指定ステッカーなど、貼るものが多いです

    それ以前に、車をかっこよくしていきたい!などのご用命もあるかと

    思います。

    カラーリングのご相談も受け付けます。ぜひご連絡ください

     

    WOF/REGO

    車両チェックが終わるとまずしなければならないのがREGOとWOFの取得です。

    よくNZに行きたいという人はいますが、「行くために何が必要か」

    ということは知られていません。例えばこのREGO。NZで車を走ら

    せるために必要な登録です。これは、選手がレキに行っている間に

    行われているので内容ももちろん知らない人がほとんどでしょう。

    例えば海外チームが日本に来ると自賠責などに加入します。

    そのように、カルネナンバーがあるとは言ってもその国の事情に

    合わせなといけないのです。競技車検の前にも難関があるのです。

     

    Service Park Open

    これも今まで何度となく紹介してきていますが、海外ではこのように

    コンテナを簡単に運べます。日本ではトラックの高さの規制などで

    こういう手段は無いようです。

    今回は、ヨーロッパで見られるようなトレーラーにラリーカーも

    機材もすべて入ったタイプが2台来ていました。

    日本では会場の都合などで普及はしないでしょうね・・・残念ですが

    格好いいんですけどね!

     

    KIWI Style

    そしてこれが欧米で一般的なスタイル

    これまた日本では免許の都合などで難しいのです。

    トレーラー自体は日本でも製作購入登録はできます。

    NZほど簡易的ではないので高価ですが・・・・

    おそらくこれが普及できれば、ラリーだけでなく、ダートラなども

    もっと広く長くモータースポーツできる環境ができるのでは、と思います。

     

     

     


    International rally of Whangarei vol1

    0

      すっかり遅くなってしまいましたが、ニュージーランド遠征のレポートを少しづつ書いていきます。

      ご存知Dmack号をドライブするのは

      長年海外遠征を共にする加瀬谷さんとコドラには伊豆野康平

      このコンビは以前スコットランド選手権のScottishRallyにも参加

      セレモニルにたどり着けない(迷路のような古い街中だったので)

      というやらかしたコンビですが、今回は・・・・・

      そして初めての海外、初めての海外ラリー、初めてのインターラリー

      と初めて尽くしの行徳くん。ついにあの行徳君も海外を走りました!

      コドラはイギリスに続き2度目の海外ラリーという美馬君

      そして同じく初の海外ラリーという金藤さん

      昨年独自にした見に来たというほど念願のNZラリー参戦でした

      コドラは海外ラリーに沢山の人を連れていきたいということで

      『Surplus』を立ち上げた林君

      一昨年自らAPRCマレーシアラリーに参加して、海外ラリーの

      楽しさと厳しさを痛感。これから多くの人をサポートしていきたい

      とのことです。

       

      これからニュージーランドライフをレポートしていきますが、

      今回の遠征及び車両製作にご協賛・ご支援いただきました

      以下の各社様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

       

      順不同

      Dmack Ltd

      株式会社ブロンコ・バスター

      株式会社キャロッセ

      ピア株式会社

      YODA RALLYING

      株式会社和光ケミカル

      ブリッド株式会社

      有限会社ティ・エム・ワークス

      有限会社イルヴェント

      小倉クラッチ株式会社

      上松電子株式会社

      ARM

      株式会社アイアールエス

       

       

       


      御嶽スーパークライムvol2

      0
        今日は快晴!
        80台の参加です!
        たくさん集まりました。
        車種も多種多様。
        見ている方も楽しいでしょう。
        現在ブリーフィング中



        御嶽スーパークライム 140台!

        0

          皆さんこんにちは

          ニュージーランドレポートもほとんど書けないままですいません。

          帰国後もダートチャレンジin信州

          NUTARAHA RALLY SCHOOLのお手伝い

          など毎日飛び回っています。

          今日も今後展開する某イベントの視察など・・・・・

           

          さて、会社の方では着実に『御嶽スーパークライム』

          の準備が進んでいます。

           

          参加受理リスト ←こちらをクリック

          土曜日が58台

          日曜日が81台

          なんと延べ140台程のエントリー!

          昨秋の120台を超える台数

          いよいよ全日本ラリーよりも

          TGRラリーよりも

          日本一ビッグな公道競技に成長してきましたね!

           

          これは観戦だけでもきっと楽しいですよ!

          初めての方のために競技インフォメーションなどもだします

          もちろん観戦インフォメーションも出します

          また現地に来れない人の為に速報サイトでも楽しめます

          さらにオリジナル制作のDVDも販売してます

          ダイジェスト版はネット公開します

           

          参加者だけでなく、見たい人、興味のある人、出てみようと思っている人

          どんどんこのコミュニティにご参加ください!

          アッと驚く凄い走りも見れます。

          また珍しい車も見れます

          全国の沢山お仲間ができます

          今回も九州別府からのご参加もあります(ありがとうございます)

           

          イベント情報はこちらから

          BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ

          X-termeクラス 小山選手

          今年はいよいよターボ化!

          有り余るパワーにワイドトレット化だけでは制御不能!

          今回暫定ブースト0.9k(150/hまで5秒!)

           

          ★For Sale★

          Evo7 RS エアコン付き

          ヒルクライム車両

          詳しくはご連絡ください

           

          問合せ info@ks-rally.com

           

           

           


          【動画】KRTダートチャレンジinSL信州

          0

            KRTダートチャレンジinSL信州が、5月6日(土)にスポーツランド信州で行われました。

            ご参加下さった皆様、誠にありがとうございました。

             

            全日本ラリー選手権に挑戦中の猪股選手が撮影した動画を御覧下さい!

             

            次回は8月11日(金・山の日)を予定しております。皆様のご参加お待ちしております!

             


            【NZRC】Rally of Whangarei 全車ポディウムランプ!

            0

              4月28(金)-30(日)にニュージーランド・ファンガレイで行われた ニュージーランドラリー選手権 Rally of Whangarei ですが、弊社から参加の3台は全車ともポディウムランプまで帰ってきました。

               

              行徳/美馬組ヴィッツRSは、大雨&大波乱の土曜日でステージベストを記録し、1位で折り返しました。日曜日は同クラスのBMWが猛追、抜かれてしまったものの、初めての海外ラリーを見事クラス2位でフィニッシュ。

               

              ともにニュージーランドのラリー参戦経験のある加瀬谷/伊豆野組は、サバイバルの中を堅実なドライビングにより3位でラリーを終えました。

               

              市内の特設ステージでは2連続クラスベストタイムを叩き出した金藤/林組ですが、土曜日午後のセクションでコースオフ。脱出のため大幅にロスをしたものの、4位でフィニッシュしました!

               

              出走した約半数がリタイアとなる厳しいラリーでしたが、3台とも完走を果たし、クラス2-3-4位で競技を終えることが出来ました。

              応援してくださった皆様、ありがとうございました。

              ちなみに、本年のニュージーランド参戦はまだ終わりではありません。次回に乞うご期待!


              National Rally of Whangarei1日目

              0

                先週末の残務のため後発となりましたが、

                みんなと合流しました。

                先発のメカニック達はラリー終了した夜中には出発しました。

                自分は、火曜の朝2時まで仕事をして、

                それから荷物の準備、そして4時には出発しました

                今回はどうしてもパッキングできない荷物があり、段ボール梱包で運びました。

                念のため2PC便をとっておいたので安心です。

                しかし経由地の上海で荷物検査に引っ掛かり、

                検査員にベルトぶっ壊されるしで災難でした。

                成田では、長年海外のお供をさせていただいている加瀬谷さん、北海道から参加の金藤さん、初海外の行徳くん、お助けメカニックの田渕くんなど後発隊が集合して渡航しました。

                今回我々が参加するのは『international』ではなくて『national』の方です。

                ようするに数台しか走っていないAPRCではなくて、激戦の何十台もいるNZRCの方です。

                この国内戦は以前からお伝えしている通り国内Bライセンスでも参加できます。

                ただし、ニュージーランド国民でないため、選手権登録はできません。

                国内で競技をやっていると出れば勝手にポイントがつくため知らない人も多いと思いますが、

                海外ではシリーズ登録した人にしかポイントはつきません。

                今回のようにスポット参戦で同じ道を走ることはできますが、シリーズ争いはできないのが残念ですね。

                街はすでにラリーカーが集まってきています。

                明日からレッキが始まります。



                【NZRC】ニュージーランドラリー選手権参戦情報【Whangarei】

                0

                  弊社は、4月28日−30日に行われるニュージーランド選手権第2戦"National Rally of Whangarei"に以下の3台で参戦いたします。

                   

                  No.67 Toyota Vitz RS

                  クラス:OPEN 2WD

                  ドライバー:行徳 聡(33)

                  コドライバー:美馬純一(40)

                  2000年代よりラリー参戦を行い、2015年にはTRDラリーチャレンジE-1クラスチャンピオンを獲得するなど、継続的な活動を行う行徳選手がついに海外ラリーデビューです!

                  車両は上記チャンピオンを獲得したヴィッツRS(NCP131)をニュージーランド仕様にリファインして出場します。

                  安定した走りの行徳選手のパッセンジャーシートでコドライビングを努めるのは、ラリージャパンやスコットランド選手権に出場経験のある美馬選手です。

                  安定したコンビは、ニュージーランドでどのようなリザルトを刻むのでしょうか。

                   

                  No.68 Toyota Vitz RS

                  ドライバー:加瀬谷 元晴(53)

                  コドライバー:伊豆野 康平(27)

                  YODA Rallying製の美麗なDMACKカラーを纏うヴィッツRS、今回はWRCラリーニュージーランドにも出場経験のある加瀬谷選手がステアリングを握ります。

                  コドライバーは、ラリーウェールズやラリーフィンランドで同ヴィッツのドライバーを務めた伊豆野が担当します。ニュージーランド滞在暦もあり、親しみのある地でのラリー参戦は4年ぶりとなります。

                  2014年の英国ラリー選手権でもコンビを組んだ2人ですが、今回も引き続き堅実なリザルトを狙います。

                   

                   

                  No.69 Suzuki Swift Sport

                  ドライバー:金藤 公人(53)

                  コドライバー:林 和宏(32)

                  ラリー北海道ではおなじみの金藤選手も、海外ラリーへ初めての挑戦です!

                  車両は同じくおなじみのスイフトスポーツ、今回も積極的なドライビングでニュージーランドの大地に挑みます。カラーリングは、こちらもYoda Rallyingで製作された、車両買取・販売・ラリー参戦サポートを行う株式会社Surplusのロゴがメインに配置されたものとなります。

                  コドライバーは上記Surplus代表 林和宏が担当、2015年ラリーマレーシアでの経験を糧に、新たな境地を切り開きます。

                   

                   

                  なお、現地からのレポートも配信予定です。

                  皆様の応援、よろしくお願いいたします。


                  FRC Rally montain Cross2017/TOYOTA GAZOO Rally Challenge Cup in木曽リザルト

                  0

                    4/22-23に開催された

                    FRC Rally Mountain Cross 2017

                    TOYOTA GAZOO Rally Challenge Cup in木曽

                    リザルト

                     

                    こちらをクリックしてください

                     

                     


                    ギャラリーステージ動画公開

                    0

                      2日前の状態です

                      昨年走った人はあまりに違いにびっくりでしょう

                      (でもダートラ場とはかけ離れてますが笑)

                      スタート地点から、前半の部分

                      岩を沢山掘り出しました。

                      路面は締まって良好ですが、たまに岩の穴ぼこあります

                      持ちろん埋めてはいますが注意してください

                      一番奥のコーナーです

                      昨年は皆さん調子よく流して走るために石がごろごろと

                      出てしまいました。

                      石をできるだけ除去し、砂利を入れ転圧しました。

                      もちろん掘れるとは思いますが、石ごろ頃よりは快適だと思います。

                      内側の排水溝に注意

                      そして昨年最もぬかるんでいたあたりです。

                      こちらも砂利を入れて転圧しています

                      やはり排水溝に注意です

                      道も狭くなってます。

                      またここはかなり掘れるでしょう

                      その代わりスタックはしなくなると思います

                      そしてフィニッシュ手前

                      ここも快適に流せるコーナーでしたが、石がごろごろとでてました

                      今年は若干コースをずらして石も除去しています。

                      路面も良好です。

                      フィニッシュ後にぬかるみがあるので注意です

                       

                      と言った感じです。

                      直前になってしまいましたが、何しろやることが多く公開が

                      遅れてしまいました。

                      なお、明日は晴れ。

                      午後からまた転圧します。

                       


                      << | 2/90PAGES | >>