calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

archives

K's Event

WRC
6/22-24 Rally NewZealand

APRC
3/30-4/1 Rally of Whangarei
7/13-15 Malaysian Rally
9/14-16 Rally Hokkaido

JRC
11/3-4 新城ラリー

東日本選手権
5/12-13 南信州ラリー
6/23-24 サマーナイトラリー
7/14-15 ツール・ド青森
8/25-26 アルペンアタック
10/20-21 八子ヶ峰ラリー

BRIG Hill Climb Challenge
4/21 御岳スーパークライム
6/30 MountainClimb
10/28 御岳スーパークライム

Used Rally Car

CIVIC EK9 Dirtra
CIVIC EK4 GrN
MIRAGE CJ4A Rally
IMPRESSA GC8 Dirtra

International rally of Whangarei vol2

0

    Arrival

    4/23(日) FRC Rally mountain Cross/TGRラリーが行われた夜

    メカニックなどの先発隊は出発しました。

    翌日月曜日、自分はラリーの残務処理などに一日取られ月曜深夜出発

    選手たちと空港で合流し、一路NZを飛びました。

     

    Pre serive

    Whangareiの特徴でもあるのがこのPreService

    サービスパークがオープンするまでの間、スポンサーである

    NorthTecさんが施設を利用させていただけます。

    これがコンテナで持ってくる理由の一つです。

    以前は100%独自手配でやっていた為、オークランドでおろし、

    オークランドで整備をして、オープンに合わせてファンガレイ入りする

    といスタンスでした。

    一番最初の頃は(今では禁止)インナーカーゴで車だけ送るという

    やり方だったため、このスタイルでした。

    コンテナで機材まで送るというのは「鈴木さん達には無理だから

    自分でやった方がいいですよ」と言われるくらい高嶺の花でしたが

    今では日程短縮やいろいろなコスト計算からもこちらの方が良いと

    いうことで利用させていただいています。

    『Surplus』のロゴが貼付された金藤スイフト

    今回は現地張りで施工いただきました。

    YODARALLYINGサン感謝です!

    なお海外ラリーでは、ネーム、指定ステッカーなど、貼るものが多いです

    それ以前に、車をかっこよくしていきたい!などのご用命もあるかと

    思います。

    カラーリングのご相談も受け付けます。ぜひご連絡ください

     

    WOF/REGO

    車両チェックが終わるとまずしなければならないのがREGOとWOFの取得です。

    よくNZに行きたいという人はいますが、「行くために何が必要か」

    ということは知られていません。例えばこのREGO。NZで車を走ら

    せるために必要な登録です。これは、選手がレキに行っている間に

    行われているので内容ももちろん知らない人がほとんどでしょう。

    例えば海外チームが日本に来ると自賠責などに加入します。

    そのように、カルネナンバーがあるとは言ってもその国の事情に

    合わせなといけないのです。競技車検の前にも難関があるのです。

     

    Service Park Open

    これも今まで何度となく紹介してきていますが、海外ではこのように

    コンテナを簡単に運べます。日本ではトラックの高さの規制などで

    こういう手段は無いようです。

    今回は、ヨーロッパで見られるようなトレーラーにラリーカーも

    機材もすべて入ったタイプが2台来ていました。

    日本では会場の都合などで普及はしないでしょうね・・・残念ですが

    格好いいんですけどね!

     

    KIWI Style

    そしてこれが欧米で一般的なスタイル

    これまた日本では免許の都合などで難しいのです。

    トレーラー自体は日本でも製作購入登録はできます。

    NZほど簡易的ではないので高価ですが・・・・

    おそらくこれが普及できれば、ラリーだけでなく、ダートラなども

    もっと広く長くモータースポーツできる環境ができるのでは、と思います。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック