calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

archives

K's Event

WRC
6/22-24 Rally NewZealand

APRC
3/30-4/1 Rally of Whangarei
7/13-15 Malaysian Rally
9/14-16 Rally Hokkaido

JRC
11/3-4 新城ラリー

東日本選手権
5/12-13 南信州ラリー
6/23-24 サマーナイトラリー
7/14-15 ツール・ド青森
8/25-26 アルペンアタック
10/20-21 八子ヶ峰ラリー

BRIG Hill Climb Challenge
4/21 御岳スーパークライム
6/30 MountainClimb
10/28 御岳スーパークライム

Used Rally Car

CIVIC EK9 Dirtra
CIVIC EK4 GrN
MIRAGE CJ4A Rally
IMPRESSA GC8 Dirtra

TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジin木曽 無事終了 チーム編

0
    引き続きチーム編です。
    ご存知のように昨年から『上松ラリーチーム』としてこのシリーズに参加していますが、
    今回は主催なので何かと大変です。
    あらぬ疑いをかけられないように、情報は漏らせません。
    クラブの主要メンバーが参加していることもあって(他にも理由はありますが)、
    主催側のスタッフなどは直前に決めます。
    おかげさまで現在60名を超えるクラブというだけでなく、
    日頃イベントにご協力いただいている皆さんのおかげでその辺は何とかやりくりしています。

    さてレポートはしたいところですが、当日は競技長としての仕事をしているため
    チームに近寄ることもあまりできないし、ましてや写真撮ったりもしていられません。

    スタートしているときも他のトラブル処理をしていたので写真はありません・・・・・

    今回木曽町を盛り上げるためにも、チームメンバー、メカニックなどたくさん懇親会に出席するために
    地元でありながら事前に準備して乗り込むというスタイルでした。
    自分など主催班はコース作成に動いているので、メカニック班は基本的にカッケーとボケナスだけ。
    事前に乗り込めるよう、タイヤをありったけ用意していったようです。

    今回は、ARTから3台(Vitz1号車 Vitzチャンピオンカー そして康平の86)
    そして新規投入したアクアには TeamFLEXwithARTから 哀川翔さんと奴田原さんのコンビ
    そしてKRTは昨年に引き続きWAKOSカラーのヴィッツで、ヒルクライム出身の亀高選手
    さらに新規参戦のトヨタモデリスタチームのヴィッツという6台体制での参戦です!

    メカニックもカッケー隊長以下、
    KWRT海外メカニックで今年は自身もドライバー参戦、前戦南丹で2位の石田さん
    同じくKWRTのRallyNZ遠征時から行動をともにしているインパクト田渕くん
    そして高短WRCチーム出身で、クラブ員の尾崎君
    ARTの大畑君
    さらにNATSの先生&学生
    と大所帯です(他にもヘルパーさんとかまだいますよ)

    さてさえtサービスで何があったのか、何が起こっていたのかは残念ながらレポートできませんが
    ラリーは、ダート1本目で大量リードを築いた康平が見事に貯金を使いきらずに1位を獲得。
    ダートラの全日本チャンピオンで、GAZOOオーディションにも残った山本選手にトータル1.6秒差で総合優勝は取られたものの
    車両の戦闘力からすれば立派なものでしょう
    なにしろ『御岳スノーランド』が終わると、TGRラリーの準備(主催)が始まり、これが終わらないと
    TGR車両は手がつきません
    タイヤをラリータイヤに下だけで何のポテンシャルアップもできないままの参加です

    逆に92でいくと言っていたぎょう部長は、前夜の雨で87に換えたものの、
    思いのほか貯金を作れず1.4秒差で2位となってしまいました

    今回最も期待されていた白洲選手は、SS1で出遅れてしまい、その後も好タイムを出すものの、
    コンスタントに好タイムをマークした赤木選手、深津選手に次ぎ3位となった。
    最終SSでは同秒だがベストタイムをマーク一矢を報いることができた

    さてBRIGヒルクライムチャレンジシリーズからTGRラリーへ参加することとなった亀高選手は
    SS1から好タイムをマークしかし、舗装仕様のヴィッツではダートで一気に置いていかれることになる
    しかしラリー初参戦で熾烈なE1クラスに参加した亀高選手は、最終ステージでなんとベストタイム!
    次につながる結果を残したといえるだろう

    と、聞いた話とリザルトを見て書いたレポートなのでちょっと物足りないですが、
    来月からいよいよ本腰を入れていきます!

    伊豆野/東山 東シリーズ クラスリーダー
    行徳/吉澤 オリジナルシリーズ クラスリーダー
    白洲/宮下 オリジナルシリーズ クラスリーダー
    石田/小林 西シリーズ クラス2位

    急遽参戦が決まった昨年と違い、今年は計画的にシリーズを組み立てています
    今のところほぼ予定通り先行逃げ切り体制を築いています
    これからの徳島、陸別、高岡が終わった時点でどうなっているのか!
    強力なライバルが増える中、一年の戦いは始まったばかりです

    TGRレポート
    http://toyotagazooracing.com/jp/rallychallenge/report/2016/03/02.html
    リザルト
    http://toyotagazooracing.com/pages/contents/jp/rallychallenge/pdf/2016/rc2016_3_result.pdf

     

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック