calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

archives

K's Event

WRC
6/22-24 Rally NewZealand

APRC
3/30-4/1 Rally of Whangarei
7/13-15 Malaysian Rally
9/14-16 Rally Hokkaido

JRC
11/3-4 新城ラリー

東日本選手権
5/12-13 南信州ラリー
6/23-24 サマーナイトラリー
7/14-15 ツール・ド青森
8/25-26 アルペンアタック
10/20-21 八子ヶ峰ラリー

BRIG Hill Climb Challenge
4/21 御岳スーパークライム
6/30 MountainClimb
10/28 御岳スーパークライム

Used Rally Car

CIVIC EK9 Dirtra
CIVIC EK4 GrN
MIRAGE CJ4A Rally
IMPRESSA GC8 Dirtra

ASIA CROSS COUNTRT RALLY Report5

0

    さて、予告した通り番外編です

    まず地名など出しても皆さん地理的にイメージわかないでしょう。

    今回の大まかなルートはこんな感じです。

    さてこれから、ラリーで5日かけて進んだ工程をたった2日で戻ろうという

    強行軍が始まります。

    ちなみにになぜかというと、自分とドライバー須藤は、翌週もタイで開催の

    タイ国内ラリー選手権に出るため、一日も早く戻らないと会社に席がなくなる

    からです(笑)

    ミャンマーの首都ネピドー(Naypitaw)を出発です。

    さて、ここにきていきなり我々の計画は変更となりました。

    実はこの日は国境を超えてタイ側の町MaeSot(メーソット)まで行くつもりで

    した。夜8時まで国境は通れるというので、朝早く出れば可能だろうと・・・

    超甘かったです。まずHpa An(パアン)という中継する町まで普通に

    6時間ほどかかりました。その後例の洪水地帯を、国家の先導なく自力で

    国境までたどり着くなんて到底無理。主催者が国と話をして日曜の午前中に

    道路封鎖を行うという情報が入り、それに便乗してコンボイすることにしました。

    写真は見にくですが、右側の路肩に『牛』がいます。

    僕は現地で『野良牛』と呼んでいましたが、正式な家畜、飼い主がいます。

    こんな感じでそこら中にいるのです。

    ちなみに上の写真は高速道路です(どこにでもいますので)

    おかげで路肩は草も刈られ(いや食われ)綺麗です。

     

    さて、この日パアン(Hpa An)に泊まることとなり、初めて明るい時間から

    散策することができました。皆さんはHQホテルにお泊りですが、何しろ

    『高級リゾートホテル』で高いので、我々は街中の安いホテルに宿を取りました

    道中撮影しました。全体的に経済力が低いと思われるミャンマーですが

    農園に従事している人がほとんどではないかという感じの中、

    突如としてお寺や仏教施設がある街は、観光地としてそれなりに栄えています

    (それなりにとは周りに比べてというレベルです)

    何しろある程度の集落を形成している街でも、銀行くらいしか石造りの建物は

    見かけません。もちろん豪邸もありますが、一般市民の暮らしはこんな感じす

    街の商店街です

    街道沿いのショップ。この店で売れるもので生活できるとしたら、物価が安い

    からだとは思いますが、それでは携帯電話や車は買えないでしょう。

    それだけ貧富の差が激しいようです

    話は戻って、パアンの町でマーケットにやってきました。

    きっと若者が集結する場所なのかと思います。それなりにロマッチクな場所

    とかもありました。アベック用のベンチとか・・・・

    『似て非なり』で見たことない感じの食べモノが並んでました。

    なんと!石田さんがナンパしてきました!日本からやってきている女性と

    現地の教え子さんです。さすがです!(東山君見習え!)

    彼女たちはこの得体のしれないまんじゅうを食べていました。ココナッツを

    練り込んでいるようです。

    そして「ぜひ食べて欲しい」と地元の生徒さんに、ミャンマーのソウルフード

    を紹介していただきました。

    簡単に言うと「麺」なのですが、これ自体では辛くありません。

    スペシャルスパイスを入れると超〜辛くなります。

    葉っぱははさみで切って食べます。

    夕食は「地元のこじゃれたレストラン」みたいなところに行きました。

    多分金回りの良い人が女性を連れて行くような店です。多分。きっと。

    料理はおいしいです!やはりミャンマーはタイと違って辛くないです。

    ただし何もつけないと、ですが。真ん中の餃子みたいなのは辛かったようです

    隣は地元の人が集まるごく一般的なのレストラン

    雰囲気が全然違いますね。(写真で分かるかな・・・)

     

    さて、あしたはいよいよ国境を越えて一気にバンコクへ向かいます

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック