calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

archives

K's Event

WRC
6/22-24 Rally NewZealand

APRC
3/30-4/1 Rally of Whangarei
7/13-15 Malaysian Rally
9/14-16 Rally Hokkaido

JRC
11/3-4 新城ラリー

東日本選手権
5/12-13 南信州ラリー
6/23-24 サマーナイトラリー
7/14-15 ツール・ド青森
8/25-26 アルペンアタック
10/20-21 八子ヶ峰ラリー

BRIG Hill Climb Challenge
4/21 御岳スーパークライム
6/30 MountainClimb
10/28 御岳スーパークライム

Used Rally Car

CIVIC EK9 Dirtra
CIVIC EK4 GrN
MIRAGE CJ4A Rally
IMPRESSA GC8 Dirtra

NZRC Canterburry Rallyレポート2

0

    金曜日 この日も朝早くから選手はレキへ出かけました。

    しかし、天候が悪く、山には積雪もあり、開始をまたされた

    挙句に一部をキャンセル、一部短縮となり、レキはあっという

    間に終わりました。

     

    我々サービス隊は、午前中WorkShopへいき、車検の準備です。

    今回の車検場は日本で言う「民間車検場」みたいなところ。

    ここは地元「MAGNUM TEAM」の拠点ですね。

    輸入された日本車や、旧車なども取り扱っています。

    南島は「古き良き時代」を好む人が多いようで、建物だけでなく

    自動車も「旧車」を綺麗にして乗っている人がとても多いです。

    実際の車検はあっけなく終わってしまいました。

    ここでも「人のつながり」が発揮されました。

    ポールさんとグレンブルさんの友人で、話は聞いているぞ!という

    車検員が登場、テキパキと合った言う間に終わらせてくれました。

    しかし、最後のチーフジャッジでいつものセリフが登場。

    「Log Bookは?」「オーソリティカードは?」

    いつも言ってんだろ!10年も前からMSNZにお前ら外国選手には

    与えられないって言われてるから無いの!

    いい加減に顔覚えてくれよ!10年も付き合ってんだから!

    と直談判し、初めて笑顔で「お前らはしょうがない」みたいな

    感じになりました。

    今までいろいろな道筋を作ってきましたが、これで日本人も

    日本から持ってきた車でローカル戦に出ることがしやすくなるでしょう。

     

    ほっとしたところでお昼です。この日は「Burger King」です。

     

    さて今回のラリーでは、セレモニーなどの拠点はクライストチャーチ

    の街中です。一応ラリー拠点は30キロほど離れた町ですが、そこには

    ほとんど行きません。

    ラリーショー、セレモニアルは大会スポンサーでもあるレストラン

    チェーン「Lone Star」で行われました。

    雨が降る中でしたので、店の中で関係者の「飲み会」となってました

    しかしいつも思うのは、「関係者」の多さです。

    オフィシャルではありません。

    選手、チーム、スポンサー、家族、友人、かつての選手などでしょ

    うか、それらが現役の選手やチームを支えているのです。

    Lone Starの前の道路を封鎖して、ラリーカーを並べます

    Lone Star Girlのフラッグでスタート

    撮影者に人気だったレガシィ

    我々がスタートする頃には雨も強くなり暗くなってしまいました

    そして翌朝、30キロ離れたスタート地点へ集合

    ただここに集合して、スタートします。

    さぇいよいよ追いかけっこの始まりです!

    サービスへ先回りももちろんですが、どこでステージへ寄れるかも

    重要なポイントです。

    という事でいきなりやってきましたSS1スタートです

    実はコースが短縮になった関係で、スタート側しか行けませんでした

    近所の人が犬と一緒に観戦しています

    最初のサービスは森林公園内の駐車場でした。

    そして今回最も遠い町へ移動。住宅街の好きなところでサービス。

    その後SS3と走っている間に少し戻ります。

    3か所目もロードサイドです。

    そしてこのサービスが終わったら競技車を追っかけてSS4へ

    時間と距離を計算して、どこまでなら見に行けるか調べておきます

    すいません。なぜかここで取った写真が見つかりません。

    また見つかったら載せます

    そして無事先回りして

    SS5の出口でサービス

    この後、撮影部隊を朝寄ったSSスタート(今回はフィニッシュ)に

    置き、我々はサービス地点へ

    これで朝の集合場所に戻ります。

    さて、そのサービス会場で人気だったのがこのランサー

    実はその前のステージで転倒しステージをストップさせた主です。

    が、なぜかこの車自走でフィニッシュ、サービスまで来て

    直して出ていきました。

    と言っても右リアのタイヤの角度見てください。直ってません(笑)

    ガラス、もちろんありません、羽根、どっか行ってます(笑)

    サービス員曰く「直した」そうです。なんとこの車、この状態で

    完走してました。

     

    我々も置いてきた撮影隊を回収に再度ステージへ向かい、

    戻ってきて洗車サービスをこなして、セレモニアルがある

    LoneStarへ向かいました。

    が、そこはもう大雨の中ですから「流れ解散」みたいな感じで終了。

    我々も食事にでました。

    日曜という事で空いている店も少ないため、ここでも中華が登場。

     

    最後にNZの友人に頂いた写真を2カット

     

    ラリー後の話に続きます

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック