calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

archives

K's Event

WRC
6/22-24 Rally NewZealand

APRC
3/30-4/1 Rally of Whangarei
7/13-15 Malaysian Rally
9/14-16 Rally Hokkaido

JRC
11/3-4 新城ラリー

東日本選手権
5/12-13 南信州ラリー
6/23-24 サマーナイトラリー
7/14-15 ツール・ド青森
8/25-26 アルペンアタック
10/20-21 八子ヶ峰ラリー

BRIG Hill Climb Challenge
4/21 御岳スーパークライム
6/30 MountainClimb
10/28 御岳スーパークライム

Used Rally Car

CIVIC EK9 Dirtra
CIVIC EK4 GrN
MIRAGE CJ4A Rally
IMPRESSA GC8 Dirtra

FRC RALLY MOUNTAIN CROSS 2018 ラリーガイド発表

0

    FRCファンの皆さんお待たせしました!

    常に時代の最先端の行くFRCが

    敢えてこの時代に「100%オールグラベルラリー」を開催します!

    しかも今どきの「日曜ワンデイ」「総走行距離65辧

    え?と思う人もいるでしょうがそれでも

    SSは6本で約30

    いまだかつてない、ステージ比率が50%に近いラリーをやります!

    舗装も入れちゃえば比率8割 SS50キロ越えもできちゃいますが

    あえてオールグラベルにこだわります!

     

    道は往年の「仙流荘にたどり着く最後の難関」として知られたO林道

    かつて「赤いきつね」と呼ばれた花岡ランサーが幻のイノシシに

    やられてしまった建設途中だったあの広域林道

    ついに開通した反対側を今回はメインフィールドとします。

    開通後時間もたち草もも多くなってますが路面は良好!

    かつて人気だった陣〇形線をハイスピードにした感じです

     

    もう一か所は、この道の入り口部分で建設時代は古いため

    同じ道ですが「FRCらしい」と呼ばれそうな路面です(笑)

    区間決定するまで写真は公開しません

     

    日程 10月28日(日)

    集合 伊那市高遠 ほりでいパーク

    時間 7時受付開始

    1号車スタート 12時

    1号車フィニッシュ 15時30分

     

    サービスも設定しています

    ラリー後は入浴券付きなのでお風呂に入れます(仙流荘ではありません)

     

    2018年の締めくくりに!

    こんなラリーが待っていたなんて!

    関東地区唯一のオールグラベルラリー!

    FRCラリーマウンテンクロスは健在です!

     

    大会情報ページ

    ラリーガイド

     

    ※今大会はいろいろな制約の中行いますので概ね30台ほどで

    打ち切る予定です(そんなに来ないと思いますが)

    予めご了承ください。

     

     

     


    ラリー北海道レポート1

    0

      国内最大のラリーイベント

      「ラリー北海道」に今年もいってきました。

      順番が前後しますが、こちらもレポート上げます

       

      WAKO'S Rally Teamからは

      APRC登録選手としてマレーシアからやってきた

      A.K.Musutaffa/Kenneth Koh

      JSR 2WDシリーズリーダーでラリー北海道を迎えた 高篠孝介/廣島真

      そして昨年のJSR 2WD チャンピオン猪股寿洋/尼子祥一

        

      北斗ブレインラリーチャレンジから

      地元帯広の有名人金藤公人/脇孝拓

      R-ART Rally Teamからはご存知この人

      中平勝也/行徳聡(サービスはアライモータースポーツ)

       

      今回のK's World Rally Team サポートクルーは

      すかりベテランになった河合勇喜 KWRT海外助っ人石田政晃

      今回はマネージャーの伊豆野康平    Finlandも経験した藤田快斗

      海外助っ人2田渕拓哉      初参加の藤澤周平

       

      その他今回は専属ケータリングスタッフもお願いしました!

      (写真無くてすいません)

      こんどうあきこさんです。

       

      さらに今回は帯広の友達たちに大変お世話になりました!

      あもうちゃん(天羽圭介)まぶさん(馬渕貴則)岡村ジュニア(岡村巧)

      Special Thanksです

      また会いに来ていただいた方々

      なおちゃんファミリー、佐川さんその他皆さんありがとうございました!

       

      やばい!レポート書き始めたばかりなのに

      ラリホ帰って数日、すでにNZ Raglan rally,とかち、八子ヶ峰、シロキヤ

      の申し込みラッシュ・・・・

      今週末は福島に6台参戦です

      FRCラリーとALL JAPAN HILL CLIMB FESTIVALとヒルクライムシリーズの

      2019年の打ち合わせと・・・・・

      ネタが多すぎてラリホは1回で終わってしまいそう・・・・・・

       

       

       

       

       

       


      LEG1終了

      0

        いつになくタフさが要求されるコンディションと言われている今年のラリー北海道、

        LEG1ですでに20台を越えるリタイヤが出ています。

        我々も4台中2台がリタイヤ(レグ離脱)

        となってしまいました。

        夜9時を回ったサービスパーク

        まだ何チームか作業しています。

        我々はまだリタイヤした車輌も届いていません。

        明日が早いこと(5時スタート)

        作業開始が遅くなることを考えると

        久々のオーバーナイト作業が確定的です。

        そもそも走れるようになるのかが微妙なところです。

        メカニックはつかの間の休息をとっています。

        今のうちに準備を進めます。


        ARPC JSR JRC RALLY HOKKIDO START !

        0
          国内最大のラリーイベント
          ラリー北海道が始まりました!
          ARPC/JSR

          猪股/尼子組

          高篠/廣島組

          A.K Mustaffa/Kenneth Koh.

          JRC

          金藤/脇組

          そしてこの人ももちろん参加してます!

          R-ART RALLY TEAM
          中平/行徳組

          皆さん応援よろしくお願いします



          APRC/JSR/JRC Rally Hokkaidoo

          0

            K's World Rally Teamはラリー北海道へ4台で参加します

             

            WAKO'S Rally TeamとしてJSR第4戦は3台体制です

            WAKO'S☆PIAA☆BRIG☆Yokohama86

            猪股寿洋/尼子祥一

            WAKO'S☆BRIG☆Accelera208

            高篠孝介/廣島真

            そしてZC31スイフトはマレーシアからやってきた

            Mustaffa Abdul Kaathir/Kenneth Koh 

            4台目は地元帯広のHokutoBraiunラリーチャレンジから

            金藤公人/脇孝拓

             

            北海道は今回大変な事態となってしまいましたが、

            多くの北海道の方々がすでに復旧が進んでいることも発信しています。

            ご存知のように秋の連休と重なっている今回のラリー北海道

            帯広ではホテルが取れないほどの集客です。

            我々も数年前の「御嶽山噴火災害」の時に同じようなことに直面して

            います。心配される方が多いことも事実ですが、地方経済にとって

            イベントのキャンセル・観光客の取りやめは死活問題です。

            ご不幸があった方ももちろんいらっしゃると思いますが、

            大部分の方は、不便があろうと頑張って復旧をめざしているはずです。

            我々が行くことで、ホテルだけでなく、ホーマックやセイコーマートだ

            けでなく、またインディアンや豚丼屋だけでなく、多くの方に還元が

            できるのです。

            賛否両論とよく言われますが、少なくとも我々が行って迷惑というよりは

            喜ぶ人の方が多いと自分は思っています。

            「鈴木さんたちは他の団体のようにイベントキャンセルしないで下さい」

            と御岳山の時も地元に人には言われました。

            参加者からは義援金も集めてさせていただき地域へ寄付させていただき

            ましたが、大規模イベントキャンセルによって賞品購入を予定されてい

            た物が何千個と売れ残ってしまった店からはもちろん微力ながら購入さ

            せていただきました。

            宿泊キャンセルが何百人も出てしまった宿にも泊まりました。

            みんなプラスに考えてできることをしましょう!

             

            ラリー北海道のラリーも大好きですが、大好きな十勝の土地が困って

            いるならそんな時こそ行こうと思います。

             

             

             


            御岳高原ヒルクライム レポート1

            0

              日ごろからいろいろなレポートを書きますが、

              「途中で終わってたよね?」「あの続きはどうなったの?」

              というご意見をよくいただきます。

              それどころか、最近ではFaceBookへの書き込みも多く

              より多くの人に伝えるためにも、

              こちらでのレポートは重要だと反省しています。

               

              さて先日行われた「御岳高原ヒルクライム」は112台のエントリー

              を集め長野県木曽町で開催されました。

               

              今回はシリーズの花形「X-tremeクラス」のご紹介です

              今大会でついに7名が揃いました!

              違う意味(冬の世界で)で「御岳マイスター」と呼ばれる草間選手が

              参戦を宣言してからなかなか車両が完成せずに欠席が続いていましたが

              ついに参戦しました!

              ご存知のように「速ければOK」というわけではないXtremeクラス

              シリーズの看板としてシリーズとともにヒルクライム振興に協力して

              いる選手たちです。

              1位は『M2 WAKOS BRIG アクセレラ ランサー』三枝光博選手

              若手育成に頑張るM2ファクトリーのボス

              アクセレラ651SPORTS で今回も総合優勝を獲得しました!

               

              2位は『CERAM EVOLISTA EVO3』草間一朝選手

              ヒルクライムスペシャルと自称するスーパーランサーを投入

              ランサーを知り尽くしたEVORISTAとタッグを組みます

              (写真ヘボくてすいません。すでに疲れ果てていました・・・・)

              3位は『TOYO BRIG K's ランサー』小林昭雄選手

              ご存知パイクスピークにチャレンジしたAkio Kobayashiです

              チーム賞争奪も激化する中、K'sRacingTeamも小林選手を筆頭に

              活動を始めました! みんなでヒルクライム楽しみましょう

              4位は『E.R.C.BRIGランサー』 堀隆文選手

              ヒルクライムの歴史で言うと最も長く参戦している選手でしょう!

              シリーズ黎明期から名物選手として活躍した堀選手は今でも

              シリーズを支える選手の一人です!

              5位『小山スピード バーキン トヨタ 4AGターボ』の小山薫選手

              現在最大派閥と言っても良い小山スピード軍団!

              その1台1台が「フツーではない」車たち。車好きが集まった

              小山スピード軍団はヒルクライムを楽しむ大人たちの集まりです!

              さて今回はここまで。残念ながらリタイヤした車両はご紹介しません。

              Xtremeクラスもメンバーが増えたので、今大会より『賞金」は

              3位までに変更しました。

              今年からXtremeクラスの皆さんによるドライビングレッスンも開始し

              ています。来年も引き続き企画しますので是非ご参加ください。

              最終戦は11月10日−11日に開催の

              『ALL JAPAN HILL CLIMB FESTIVAL in王滝』です。

              今年も例年同様JAF戦/JMRC戦上位入賞者の大会招待を行います。

              詳細は追って発表しますのでお待ち下さい。

               

              また大会では、お手伝い希望のスタッフを募集しています。

              もちろんスタッフを通してゆくゆくは参加してみたい人や

              教えてほしいという人も大歓迎です!

               

              既に参加している人でも、KRTのメンバーとして一緒に活動していきたい

              という人も大募集です。

               

              まずは気軽にご連絡ください

              お問い合わせメールはこちらから

              K'sFACTORY

               

              大会リザルトはこちらをご覧ください

              リザルト


              御岳高原ヒルクライム 112台エントリー!

              0

                BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ2018 

                第5戦 『御岳高原ヒルクライム』はエントリー112台

                出走107台で開催されました。

                雨が降ったりやんだりのコンディションでしたが、

                大きな事故もなく終了できました

                オープンカーの皆さんには大変な大会となりましたが

                皆さん楽しんでもらえたようです

                御岳高原ヒルクライム恒例となりつつある表彰式後のバーベキュー大

                会も盛り上がりました!

                『ドリアンチップ』や『ドリアンケーキ』が景品に出るジャンケン

                大会も盛り上がりました。

                 

                リザルトはこちらでご覧ください(速報サイト

                後日サイトにリザルトはアップされます

                 

                 

                 


                TGRラリーチャレンジ 後半戦突入

                0

                  2018年のTGRラリーチャレンジもいよいよ後半戦に突入です。

                  国内戦格式で90台枠を設けても不受理が相次ぐ人気振りです!

                  さて、ここでK'sFACTORYのサポート選手の紹介です。

                   

                  活動4年目となるAgematsuRally Team(上松ラリーチーム)

                  「御嶽山噴火災害の復興にモータースポーツで木曽を元気づけよう」

                  ということで地元木曽町でのTGR開催と同時に、地元企業である

                  「上松電子」さんを発起として立ち上がったチームです。

                  地元木曽のドライバーとして4年目でついにE1クラスチャンピオンに

                  王手がかかる白洲選手。シリーズリーダーとして先日の丹後でも優勝。

                  点差を広げ後半戦に臨みます。

                  白洲選手のコドラを務めていた宮下選手も昨年よりドライバー転向。

                  ベストタイムは取れるのにラリーに勝てなかった宮下選手もついに

                  丹後半島で初優勝!最終ステージはオーバーオールベスト奪取でその

                  速さを証明しました!1位に2ポイント差で終盤を迎えます。

                  上松ラリーチーム唯一の女性ドライバー、簑島選手。

                  参加者も増えレベルも上がり、層も厚くなってきているC1クラス。

                  入賞圏内にあと一歩の簑島選手もシリーズ入賞目指して頑張ってます。

                   

                  そしてJSRと同時にTGRでも展開する『WAKO'S Rally Team』

                  今年正式に立ち上げたチームです。先日のWRCラリーフィンランド

                  でもクラス優勝した伊豆野康平と、昨年のJSR2WD/JN2チャンピオン

                  猪股寿洋を軸としたJSR2台/TGR2台で活動しています

                  2016/2017はARTドライバーとして2年連続え2クラスチャンピオン

                  だった伊豆野康平は、参加資格に抵触はしないもののWRCクラス優勝

                  を2度獲得するなどその実績からE4クラスへ転向して参加。

                  2017年RPN車をベースにしているためライバルに後れを取るものの

                  グラベルの弘前では自力の違いを見せつけ優勝。しかしWRC参加で

                  石狩を欠席。大きくポイント差をつけられて現在2位です。残りすべて

                  を勝たなければチャンピオンに届かない。得意のメイクドラマ作戦か?

                  ヒルクライム出身の亀高選手。TGRにスポット参戦をしていましたが

                  今年初めて本格シリーズ参戦を始めました。優勝こそまだないが、

                  渋川・弘前と調子を上げてきているのでシーズン後半は期待が持てま

                  す。現在1点差でシリーズ2位。チャンピオン獲得もかなり可能性高い

                  です。上位4台が僅差で争うE1クラスですが、注目のクラスです

                  毎回沢山の応援が駆け付ける「チーム栄農人(エナジー)」

                  地元茅野での開催を機に立ち上がった地元企業チームですが、全国各

                  地の取引先さんたちとの懇親(業務?)もかねて各地を転戦します。

                  現在シリーズ10位、参戦数が少ないうえに次戦欠席のためちょっと

                  厳しですが、高岡では頑張ってほしいです。

                  弘前で日本ラリーデビューを果たしたAronne選手

                  イタリアからきている彼はクロスカントリーラリーではチャンピオン

                  を獲得したこともある強者。日本狭い道、深い轍に苦戦した弘前です

                  が、次なる機会に向け準備中

                   

                  その他クラブ員などサポートしている車両が数台参戦しています。

                  東シリーズのC2クラスには3台エントリー

                  ベテラン栗原選手は現在シリーズ2位

                  同じくTGRキャリアも長い昆選手はシリーズ7位

                  また栗原選手の息子さんもラリーデビューして参戦中です

                   

                  K'sFACTORYでは一緒にTGRに参戦したい人募集しています

                  レンタルラリーカーでラリー出てみたい人、

                  車両製作・メンテを頼みたい人

                  チーム運営をして欲しいという企業様

                  サービスのみお願いしたいというプライベーター

                  サービス員としてチームと一緒に活動したいという人

                  来年出たいと思っているので車両を探しているという人

                  どんなご相談でもお気軽にご相談ください

                   

                  ※現在販売中のKRTラリーホイール

                  TGRラリー参戦の選手には送料無料キャンペーン

                  を実施しています。

                  注文・お問い合わせは こちらへどうぞ

                  info@ks-rally.com 

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  ヴィッツ用クロスミッション 販売開始!

                  0

                    (クリックするとPDFファイルが開きます)

                    長いことトヨタユーザーの悩みの種だったC56ミッションの

                    クロスギア。

                    ついにK'sFACTORYが開発します。

                    現在初期ロット製造中です!

                    ギア比は国内ラリーで使いやすいロークロス設定。

                    しかもストレートカットギアで強度を確保する設計。

                    それでいて、ファイナルドライブとクルージングギアの5速は

                    信頼性のある純正を使用しています。

                     

                    問い合わせ・ご注文はK'sFACTORYまで ←クリックしてください

                     

                     


                    アクセレララリータイヤ 在庫あります

                    0

                      先日のJapan Super Rally Series Rd3 Yokote Rally2018でも

                      2WDクラス優勝を獲得した 「Accelera RA162」

                      あまりの安さに使った人が驚くほどのコストパフォーマンス

                      ラリー後に保管してあるタイヤを比較してもゴムの質が違い

                      一度熱が入っているにもかかわらず柔らかさを保っているアクセレラ

                      安いので新品状態で3倍走れるのが魅力です!

                      (国産タイヤの値段と比較して)

                      過度のある新品タイヤを使いたいダートラには最適です!

                      ウェットまで対応できるワイドグルービング

                      ブロックハイトが低く新品でもブロックよれが少ない

                      びっくりするほど柔らかいトレッドゴム

                      騙されたと思って試してみても惜しくない価格!

                       

                      ※競技会での使用に関しては主催者や地域協議会にお問い合わせください

                      既にOKの出ているJMRC各地区も多いようです

                       

                      世界的好評につき本国でも生産が追い付いていません。

                      次回入荷がいつかはわかりませんので、お早めにご注文ください

                       

                      注文かこちらからどうぞ

                      K'sFACTORY Yahooショッピングサイト

                       

                      上が20キロSSを走行したアクセレラ

                      下が9キロほど走行した国産タイヤ

                      どちらも駆動輪に履いたものです

                      「海外タイヤは硬い・減らない・効かない」と思っている人は

                      減り方などよく見てください。

                      ※ちなみに海外ラリーで使われるタイヤで「硬い・減らない=効かない」

                      は認識が間違ってますので混同しないようにしてください。

                       

                       

                       


                      | 1/100PAGES | >>