calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

archives

K's Event

WRC
6/22-24 Rally NewZealand

APRC
3/30-4/1 Rally of Whangarei
7/13-15 Malaysian Rally
9/14-16 Rally Hokkaido

JRC
11/3-4 新城ラリー

東日本選手権
5/12-13 南信州ラリー
6/23-24 サマーナイトラリー
7/14-15 ツール・ド青森
8/25-26 アルペンアタック
10/20-21 八子ヶ峰ラリー

BRIG Hill Climb Challenge
4/21 御岳スーパークライム
6/30 MountainClimb
10/28 御岳スーパークライム

Used Rally Car

CIVIC EK9 Dirtra
CIVIC EK4 GrN
MIRAGE CJ4A Rally
IMPRESSA GC8 Dirtra

8/11(土・祝)山の日はSL信州走行会です!

0

    今年も開催します!

     

    申込書はこちらから(xlsxファイル)

    PDFファイル版はこちらから

     

    KRTダートチャレンジ2018inSL信州

    開催日     :2018年8月11日(土・祝)山の日

    場所      :スポーツランド信州 長野県長野市松代町豊栄1005-1

    ゲートオープン :午前9時

    走行時間    :午前10時-12時 午後1-3時

    料金      :15000円/台

    ダブルエントリー:5000円/人

    同乗      :2000

    募集台数    :15台

    上限      :20台

     

    申込み先    :gyou@ks-rally.com

             FAX 0265-96-7339

     

    タイム計測付の予定です!

    昼食は各自ご用意ください。

    締切日は特に設定していませんが、先着順での受付となりますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

     

     


    WRC Neste Rally Finland 出発目前情報

    0

      いよいよ今週末からフィンランドへ行ってまいります

      そこで少し事前情報を

       

      Nes手Rally Finland 公式サイト 

      こちらからいろいろな情報が見ることができます

      その中でもお勧めは

       

      WRCエントリー

      WRC参加者は84台

      日本人ドライバーは4名

      トミマキネンレーシングから勝田貴元と新井大樹

      そしてプライベーターで伊豆野康平と鷲尾俊一です

       

      コースビデオ

      なんとレキビデオと称してコースが映像で公開dされています!

      こんなコースを走るんです。

      ぜひ皆さん見てみてください。

       

      国内戦エントリー

      同時開催の国内戦はなんと88台のエントリー!

      凄いですね!

      日本もこれだけ盛り上がればうれしいですが、

      約200台の参加台数を収容できるコースと

      運営できるオーガナイザーって・・・無理ですよね

       

      SSオーガナイザー

      まさに、上の話につながりますが、

      どのステージをどのクラブが運営しているか!

      まで発表しています。

      運営も誇りをもってやっているというか、

      責任も持てやっているんですね

       

      さて、我々『K's World Rally Team』は2016年の参戦報告とともに

      Vitzに「R2キット」の設定をTRDさんへ要請しました。

      しかし、現在トヨタさんでは『R1B』というRカーを設定しているため

      『R2』でないとダメということを証明してきてほしいと言われ

      この度『R1B』車両を新規製作しての参戦となりました。

      現在、日本でWRCが開催された場合、WRCに出れる車両は

      鷲尾選手と、弊社のヴィッツ『R1B』の2台しか日本にはありません。

       

      WRC Rally Japan開催が近づく中、皆さんはその事実を知ってますか?

      もちろんTOYOTAさんのWRカーはありますが、

      R5やR3,R2といった今どきのラリーカーは他にないのです。

      ホモロゲーションがあるため使える車が限られるWRCですが、

      現在では既定の変更で、既存のGrNやGrAもそのままでは出れないのです

       

      さてそんなことなどをRally Finlandをとおしてレポートしていきます

       

       

       

       

       

       


      ツール・ド東北 〜若手大活躍〜

      0

        先日のツールド東北には

        東日本ラリー選手権(グラベルカップ)に3台

        TGRラリーチャレンジに3台参加してきました。

         

        TGRラリーチャレンジに参加中の

        『WAKO'S Rally Team』の報告はすでにしていますが

        無事、伊豆野/今泉組がE4クラス1位(総合でも1位)

        亀高/厚地組もE1クラス2位で上がることができました。

        今泉選手は今年ラリーを始めたはかり。

        まだ3戦目ですが金メダルゲットです!

        そして今回デビューした新人コンビ

        Aromne/吉田組

        Aromne(24)は名前の通り外国人ですが、イタリアから来ました。

        父親はJWRCのイタリアチームでコーチをしているという

        サラブレッドです。

        初めての右ハンドルと「轍」に戸惑いましたが走り切りました

        次は、東日本ラリー選手権に参加したクルー

        前戦どんぐりから本格デビューした二人はBC2クラス3位

        ドライバーの須藤(24)は昨年アジアンクロスカントリーラリーにも

        コドラで出場。将来は海外ラリー参戦を目指しています

        コドラ植田(24)も先日ヒルクライムでドライバーデビュー

        同じく東日本選手権BC2クラス1位は齊藤/斉田組

        若者がそろうと既に中堅組に入る齊藤はダートラ界で全日本まで

        のぼり、昨年から本来目指していたラリーへ転向

        3戦目で地区戦初優勝となりました。

        コドラの斉田(22)はやはりインターラリー出場を目指すドライバー

        今回はスポットで初めてのコドラに挑戦しました。

        そして今回は残念ながらりたいやとなってしまいましたが

        粟津/藤澤組

        粟津は年齢的には新人とは言えませんが、

        やはり「いつかは海外ラリー」を目指し気分は新人!

        そしてコドラを務めたのが、やはり新人藤澤(24)

        四国出身で、ラリーストの父親に影響されてラリーを始めたという

        2世ラリースト。今年はドライバーでもデビュー予定です。

         

        ということで、新人が多く参加している「東北グラベルカップ」

        次戦横手も『WAKO'S Rally Team』から猪股・高篠の2台に

        加え、誰か出るでしょう・・・・

         

        クラブはそれぞれですが、若者から若くない人まで沢山の人が

        集まる『K's Racing Team』でみなさんもラリー活動してみませんか?

         

        クラブ員・チーム員・ドライバー・コドライバー・サービスクルー

        いつでも募集しています!

         

        また株式会社K'sFACTORYではスタッフを

        募集しています。

        経験・資格不問 若くてやる気があって

        ラリーが大好きな人ならOKです!

         

         

         

         

         

         


        KRT オリジナルWRCスペックストレートマフラー発売中!

        0

          http://www.ks-rally.com/product/krt_muffler/

          こちらのページをご覧ください

          WRCでテストを重ねたKRTマフラー Vitz(NCP131)用が

          遂に発売です

          リヤピース交換タイプで簡単に装着可能!

          Vitzがスポーツカーに生まれ変わります!

           

          他にもいろいろ掲載してます

          Yahooストア 

           

          オリジナルラリー用ホイールも受注開始です

           

           

           

           


          ツール・ド東北 終了

          0
            青森県弘前市で開催された
            『ツール・ド東北』は無事終了しました。
            JAF東日本ラリー選手権
            JMRC東北ラリーシリーズ
            TOYOTA Gazoo Rally Challenge
            がかかったこの大会でしたが、
            TOYOTA Gazoo Racing PARKも併設され
            沢山の人が集まりました。

            WAKOS Rally TEAMは
            伊豆野/今泉組がオーバーオール優勝
            伊豆野はこれで弘前3連勝、
            今泉もラリーはじめて3戦目で金メダルゲットとなりました。

            亀高/厚地組はセクション1終了後
            2位で折り返すが、逆転チャンスのSS5がキャンセルとなりそのまま2位で
            フィニッシュしました。

            そして今回日本デビューとなった
            Aronne/吉田組は4位で走りきりました。
            海外のクロスカントリーラリーチャンピオンは、日本特有の『わだち』に、苦戦してしまいました。


            そして地区戦というよりは
            『東北グラベルカップ』です。
            まず齊藤/斉田組が一位獲得
            齊藤はラリー転向後4戦目にして
            地区戦勝利となりました。

            さらに、前回デビューを飾った須藤/植田組
            やはりわだちに悩み、本領を発揮できずに終わりました。

            最後が、今回は残念だったクルー
            粟津/藤澤組はマシントラブルに見舞われた
            途中、自力修理をするが、ステージ中で
            動けなくなりリタイヤとなった


            大変な暑さのなかで開催された今回のラリー。
            設定のわりにリタイヤも多く、
            グラベルに不馴れな時代が
            露見した印象のラリーでした。
            そんな中、『グラベルに強い』という結果を残すことができました

            第14回マウンテンクライムin長谷終了

            0

              2018 BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ第4戦

              『第14回マウンテンクライムin長谷』は無事終了しました。

               

              リザルトはこちらからご覧下さい

              タイム速報 正式結果は後日HPに掲載します

               

              エキスパートのみなさん

              今年の目標は『黒い車に勝つ』という丸山選手

              前回に引き続き2連勝

              1勝2敗 開幕戦の『御嶽ースパークライムVol1』以来勝てない

              三枝重光選手

              とは言え他クラスを寄せ付けない速さで勝負を演じる

              X-tremeクラスの皆さん

               

              明日は、このエキスパートたちが講師となってヒルクライム

              レッスンを行います。

              上達したい人、今後ヒルクライムに出てみたいと思う人

              次回こそは参加したいという人

              ヒルクライムサイトは要チェックです

               

              BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ 専用サイト

               

               


              パイクスピークヒルクライム参戦記4

              0

                今回は現地ネタ 生活編です

                ちょっと車から離れましょう!

                 

                今回拠点となった『家』です。

                そうまさしく『家』です。

                海外遠征が多い我々ですが、地域によっては宿泊費はとんでもない

                出費となります。

                遠征費を安く抑える(安ければいいというもんではありませんが)

                のが選手のために自分たちにできることです。

                ちなみに、主催者おすすめホテルでは1泊15000−30000円くらい。

                もちろんMOTELやLODGEなら安いですが、ここにも海外の落とし穴が

                あります。

                日本人は一人1ベッド使いますが、西洋人は二人で1ベッド勘定

                になっているため、カップルや親子でない限り遠征チームでは

                大量に部屋が必要になります。

                結果的に安いと思われているMOTELでも2、3倍かかってしまうのです

                さて。気候についても何度か触れていますが、頂上の標高が4200m

                を超えます。写真のように、「冬の恰好」でないと寒くてだめです。

                それどころか、日本では経験できない標高です。酸素が足りません!

                町では普通に「酸素スプレー」が売ってますが、喜んではしゃいだり

                走りまわると大変なことになります。

                3700mの富士山くらいの標高まで降りると楽になるので、富士山は

                そういう意味では酸素が足りている山なのかなと思いました。

                そして標高だけでなく、パイクスピークの朝は早いため、やはり寒い

                のです。朝2時や3時から行動するので、ヘッドライトなども必要です

                観戦の場合ももちろんあった方がいいです。

                『ブリトー』という食べ物をご存知ですか?

                セブンイレブンで売っている・・・・いえいえ違います。

                実はあのブリトーはネーミングだけで、実物とは違います。

                しかしセブンイレブンのおかげですっかり有名にはなってますが。

                『ブリトー』はメキシコ由来と、アメリカ由来があるみたいですが

                まぁなんでもトルティーヤで巻いたものを言ってるようです。

                具やボリュームなどで別れますが、アメリカの場合

                『ラップ式サンドイッチ』的なもののようです。

                海外に行くと必ずぶち当たるのがこれです。

                給油の仕方がわからない!

                今回は僕も結構困りました。

                まず一つは「満タン」給油ができないのです。

                次に「○○ドル」でないと伝わらないのです。

                「○○ガロン」では計算ができない店員がいて、設定できないそうです

                だから「10ガロン」ていったのに「10ドル」分しか入ってないことが

                多々ありました。

                そしてもう一つ、一番オクタン価が高くて「91」です!

                日本のように簡単に「ハイオク」は買えないのです。

                そこで現地の「燃料販売会社」に買いに行きました。

                まぁ結局売っているところ知っていれば簡単に手に入るわけですが。

                現に、ハイオクタン指定の車両に乗っている人はここで普通に

                給油していました。ちなみに単独で行っていたらこんなこと

                絶対わかりませんね。

                余談ですが、となりのサービスだったこの地元チーム

                うちのメカニック曰く「普段E85の燃料使っているから調子悪い」

                とのことで、この車両は出走できませんでした。

                当日の朝に気が付いたらしく、ガソリン入れ替えていましたが、

                競技車でE85を使っていると、何か月かに一回はFuelラインを

                クリーニングしないとダメ見たいです。

                最後は『モクモク派』へ

                この変なものを見つけたら『喫煙所』です

                アメリカもやはり禁煙が進んでいますが、ちゃんと喫煙できる場所が

                あちこちにあります。

                その一つがこの吸い殻入れです。

                 

                つづく

                 

                 


                NCP131ヴィッツ用マフラー発売開始&重大発表

                0

                  お待たせしました!

                  K's World Rally TeamがWRCで使用しているマフラーがいよいよ

                  発売開始となります!

                   

                  ラリーカー用に開発した、軽量でトルクのある競技用マフラーです。

                  本格競技用リアマフラー(ストレートタイプ)

                  実戦でテストし続けた本物を販売します

                  今まで製作した他車種においてもトルクがあって回るようになると

                  評判のKRTストレートマフラー

                  これでヴィッツもいい気にレーシーに生まれ変わります!

                  写真は2016 WRC Rally Finland(撮影 成田氏)

                   

                  さてここで重大な発表です

                  すでに一部では公表されていますが、2018年今年もK'sFACTORY

                  ではWRC Rally Finlandへ参戦します。

                  車両はこちらです(初公開!)

                  K'sFACTORY2018 R1Bヴィッツです

                  前回のGrAではなく、国内唯一の完全ファクトリーメイドR1Bです

                  (ま、GrAもそうですが)

                  どんな内容なのかはまた追ってご報告します。

                  今時のWRCに出ている車はどんな車のでしょうか?

                  どんな作りでないといけないのでしょうか?

                  来たるべきRally JAPANに向けてみなさん知っておいた方がいいですよ!

                  いま日本でインターラリー出られる車両はほとんどありません。

                  皆さんが出れると思っている車両のほとんどは出れないことを

                  知っておいてください。

                   

                  海外ラリーに出続けるK'sFACTORYだけがそのノウハウを提供できます!

                  #インターラリー車両製作

                  #フルロールケージ製作(完全オリジナル)

                  #海外ラリー参戦サポート

                  #レンタルラリー車両参戦パッケージ

                  などお気軽にご相談ください。

                   

                  ※K'sFACTORYではスタッフを募集しています

                  海外ラリー車両製作・海外ラリー参戦・イベント運営のスタッフとして

                  一緒にやってみたい人はご連絡ください!

                   

                   

                   

                   


                  BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ特別編集動画紹介

                  0

                    すっかりFacebookばやりでブログの書き込み怠っていましたが・・・

                    時間作れたので一気に情報ご紹介します。

                     

                    まずはこちら

                    BRIGヒルクライムチャレンジシリーズの紹介動画です

                    そしてこちらがその第1戦となる『スノーチャレンジ』の動画です

                     

                    実はどちらも特別編集版です

                    何が特別かは見ていただければわかりますが、

                    どちらも今週開催されます「タイのオートサロン」で放映されます!

                    以前もタイから走りたいという若者が来ましたが

                    いよいよヒルクラムシリーズも国際化!

                    パイクスピークも来年に向けてアッと驚く発表ができるかもしれませんよ

                     


                    ヴィッツ&スイフト用 グラベルホイール受注開始!

                    0

                      今春モニター販売し好評のうちに完売したグラベル用ホイールですが

                      さらなる剛性アップをして第2弾を販売します!

                      今月中にリリース予定のため、受注を開始することになりました。

                      サイズは 6.5J×15inch 4H PCD100 +35

                                     6.5J×15inch 5H PCD114.3 +35

                      の2種類です。

                      数に限りがありますので、お早めに注文下さい。

                      注文は2本単位でお願いします(1本の場合、梱包が変わります)

                      本体価格12500円(消費税込み13500円)

                       

                      86&インプレッサユーザーに朗報!

                      現在オリジナルホイールに改良を加え

                      86のGTキャリパー用および 

                      スバル純正4POTキャリパー対応版を製作しています。

                      サイズも微妙に変更し 6.5J×15inch 5H PCD100 +40

                      これで、冬のラリースタッドレス用ホイール問題解消!

                      GCインプレッサでツライチオフセット!

                      他ではありえないサイズ設定です。

                      また86はGTグレードキャリパーの場合、他所ホイール同様にキャリパー

                      表面を若干削らないと履けませんでしたが(RC/Gキャリパーは装着可)

                      その問題も解消できます。

                      こちらは来月リリースできる予定です。

                       

                       

                       


                      | 1/98PAGES | >>