calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

archives

K's Event

WRC
6/22-24 Rally NewZealand

APRC
3/30-4/1 Rally of Whangarei
7/13-15 Malaysian Rally
9/14-16 Rally Hokkaido

JRC
11/3-4 新城ラリー

東日本選手権
5/12-13 南信州ラリー
6/23-24 サマーナイトラリー
7/14-15 ツール・ド青森
8/25-26 アルペンアタック
10/20-21 八子ヶ峰ラリー

BRIG Hill Climb Challenge
4/21 御岳スーパークライム
6/30 MountainClimb
10/28 御岳スーパークライム

Used Rally Car

CIVIC EK9 Dirtra
CIVIC EK4 GrN
MIRAGE CJ4A Rally
IMPRESSA GC8 Dirtra

御嶽スーパークライム 観戦情報

0

    明日19日(土)は

    BRIGFヒルクライムチャレンジシリーズ第3戦

    『御嶽スーパークライムVol2』が開催されます

     

    今回も参加台数は90台

    様々な車種が勢ぞろいです

    観戦も楽しいことでしょう。

     

    観戦場所は「七曲」と呼ばれるヘアピン区間

    エキスパートたちの華麗なドリフトが堪能できます

    詳しい情報は専用サイトでご覧ください

    BRIGヒルクライムチャレンジシリーズサイト ←こちらをクリック

     

    大会ではスタッフを募集しています 

    運営を手伝ってみたい人

    撮影を手伝ってもらえる人

     

    いきなり明日でもOKです

    現地へお越しください

    担当:鈴木 

    info@ks-rally.com

     

     


    旧車でGO!

    0

      って特集が昔プレイドライブにありましたね。

      近頃はマニュアルのスポーツ車が少ないおかげか

      旧車の部類に入る車種でも高くて大変なことになってます。

       

      ローカルラリーを手軽に楽しむというスタンスが成立しなくなって

      きています。

      そんな中、「TEAM SURPLUS」として昨年より

      ニュージーランドラリー選手権に参戦している「金藤公人選手」が

      日頃の練習を兼ねて、地元のラリーの活性化のためにシリーズ参戦

      したいというお話があり

      弊社としても協力することとなりました。

      相手は全日本級も含めた今どきの車たちです!

       

      安いと言えばこれ

      弊社としても感慨深いこの車両をベースに選びました。

      当時と違って、今や10万くらいで手に入る車両です。

      元が安い分しっかり作り込めます

      今迄何台も製作してきたノウハウを注入します

      (何台も作ったのは誰かさんが壊してきたからですが)

      そして完成

      ドっからどう見ても普通な、古い安い車です

      こんなのに負けたらみんな悔しがるだろうな〜という見た目

      テントに収まる姿も、地方戦にありがちな普通のラリーカーです

      大人の走りでスローダウンしたラスト2本を除くと全てベスト!

      最大のライバルが不在とは言え無事デビューウィンを飾りました!

      さすが『Dr.KONDO』ニュージーランドまで練習に行ったかいが

      あったとコメントしていましたが、どっちが本番なんだか・・・

      2011年 WRCに出たいとうちに来た伊豆野康平を連れて

      NZのローカルラリーに参戦を始めた頃

      Gisborne Rally 前戦のクラッシュから復活して参加

      そして早くも2012年 WRC Rally New Zealandでクラス優勝

      ところが意気揚々とはじめて臨んだ国内ビッグイベント

      ラリー北海道で壮絶なローリングクラッシュ

      さらに掛川メカの手で復活した車両はまたしても

      2013年にマレーシアの「ビッグクレスト」からの下りで

      前転ローリングクラッシュによってチョロQになってしまいました

       

      長い歴史を経て完成された「最後のHT81スイフトスポーツ」

      今年北海道でどんな活躍をするのか楽しみですね!

       

      ★朗報★

      数々の問合せをいただき、「KRT HT81用 ストレートマフラー」

      再販決定です!

      現在制作中です。数に限りがありますが完成後再度ご案内します

       

      旧車や、マイナー車だがフル溶接ロールケージを入れたい!

      そんな人はぜひご相談ください。

      今現在WRCへオリジナルのカスタムロールケージで参戦する

      K'sFACTORYでは、どんな要望にもお応えできます。

      もちろんランサー・インプレッサもOK

      カスタムケージなどは高いしな〜という方

      オリジナルで作ることも可能ですよ

       

       


      御嶽スーパークライム X-tremeクラス

      0

        2018年シーズン

        X-treme クラスに登録選手が2名増えました

        『御嶽スノーランドラリー』では2連覇中の草間一朝選手

        ヒルクライムマシンを製作しての参戦です

        今年パイクスピークに挑戦する小林昭雄選手

        今回は雪錬マシンにラリータイヤで参戦でした

        昨年よりエボ10にスイッチした堀隆文選手

        マシンが徐々に仕上がりを見せてきています

        コンスタントな速さを見せる丸山幸広選手

        車を乗り換えても安定したその速さは「腕」がある証拠!

        久々にマイマシンを用意した三枝光博選手

        アクセレラタイヤで舗装もダートも競合に割り込みます!

        ついにモンスター復活!三枝重光選手

        Hill Climb SpecRのモニタードライバーとしてその性能を発揮

        エボ9にスイッチしてから伸び悩みの内川清友選手

        熟成に時間が取れないが、またその速さを披露できる日に期待!

        今回は雨と寒さという箱車にない苦しみで苦戦した小山薫選手

        コンディションがマッチした時のその速さをみんな待ってます!

         

        以上8名のドライバーがその走りを披露します!

        マシン作り・セッティング相談はもちろん

        今大会のようにドライビングレッスンも行います。

        皆さんもヒルクライムシリーズでオールシーズン楽しみましょう!

         

         

         


        御嶽スーパークライムvol1終了

        0

          BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ第2戦

          御嶽スーパークライムvol1

          無事終了しました

          89台の申し込みがありました今大会は

          実質のシーズン幕開けの1戦です。

          開幕を楽しみにしていた皆さんおまちどうさまでした。

           

          シリーズの顔と見える三枝重光選手のランサーは

          BRIgHill climb SpecRカラーをまといました!

          あさは気温も低く、風雨で大変なコンディションでした

          それでも走行するころには天候も安定し路面もほぼ問題なしとなりました

           

          詳しいレポートなどは追ってご報告します

          リザルトなどは専用サイトからご覧ください

           

           


          中古ラリー車 GDB 売ります

          0

            インプレッサGDB ラリー仕様 E型

            外装は概ね綺麗です。ボンネットは社外FRP製です。鷹の目仕様

            BRIDE バケットシート2脚 TAKATAハーネス

            ロールケージはフル溶接タイプです

            某有名チーム使用車(製作も某社です)

            当時の規定ですが、現在も国内選手権などは問題なく出れます

            サイドレバー延長

            エンジン特に問題なし

            ブースト系各センサー類など新品交換済み

            元ワークスカーですから細かいところいろいろ対策されています

            サスペンションCUSCO3G新品で装着 1戦のみ使用

             

            車検2月に取得したばかりです。

            ホイールは画像の他にENKEIグラベル用1セット付属

            タイヤ DUNLOP92Rなど付属します

            メーターは68800キロですが、おそらく換装歴があるため実質使用は

            もっと短いと思います。(ワークス使用のため)

            下回りなど、使用歴が長いためそれなりですが、

            若い子で安く乗り回したい!地区戦に挑戦したい!みたいな子は

            お買い得かもしれません。

             

            平成14年12月

            車検32年2月15日

            エンジン・駆動系後期型移植車

            リストリクターなし

            純正ECU

            フロント LSD CUSCORS 新品取付 5000キロ

            リヤ 不明

            センターDCCD

            クラッチ EXEDYメタル

            BRIDE ZETA掘.ーボンタイプ

            アンダーガード一式

            キャリパー スバル4POT

            Defiメーター

            ボディフル補強

            フル溶接ロールケージ

            スタッドレスタイヤ+アルミ(画像のモノ)

            その他練習用グラベルタイヤなど数セット付

             

            150万(諸費用別)

             

             

             

             

              

             

             

             

             

             


            ロールケージ製作 ご相談ください!

            0

              春の開幕準備で製作ラッシュとなっています。

              現在製作中の車両は

              今月TGRラリーにデビューする『チーム営農人』様のヴィッツ

               

              こちらは弊社が長く年取り組んだHT81スイフトスポーツの

              集大成となるべく製作中の車両

              どのフィールドで活躍するかは来月にはわかるでしょう!

               

              そしてこちら

              おお!全日本でも出るのか!と言いたくなるようなこの車両は

              懐かしのAE111カローラレビンです

              この車両はこの後どうなっていくのか・・・オーナーのみぞ知る

              そしてこちらですね。

              何度か写真も出ていますね

              この車両です。Porsche996 GT3です

              パイクスピークヒルクライム参戦車両です。

              FIAと規則が違うこのイベントでは、材料から特注です。

              なお、上記3台ともロールケージは「オリジナル制作」です。

              既製品とは違い、材料・太さや厚み・形状・取付点など全て吟味して

              まるっきりのオリジナルで製作しています。

               

              そのため、既製品ではラインナップにない車両、

              規定や規則に合わせた仕様、こだわりやご希望に合わせた形状、

              予算に合わせた製作など各種ご相談受け付けています。

               

              一番上のスイフトは『カスタムケージ クラブマン仕様』の進化型です

              クラブマン仕様でも材料代は25万くらいします。

              オリジナルで製作すれば材料代は半額以下でできます。

               

              またFIA−J項モデルも製作可能です。

              この3台の後、製作が始まりますのでご紹介します。

              ロールケージ大手キャロッセんさんとのコラボモデルです

              弊社『Dmackヴィッツ』に装着しているロールケージがそれです。

              数々の国際ラリーの車検をパスしたオリジナルロールケージです。

               

              ラリージャパン復活に向けて参戦を考える皆さん

              現在ではFIA格式の大会に向けたロールケージはほとんど販売されていません。

              また以前と違ってJ項ロールケージで車検を通すことは難しくなってきています。

              国内で唯一オリジナル製作ロールケージでWRCの車検をパスし続ける

              弊社にお任せください!

               

               

               


              ターマック林道レッスン 開催

              0

                4月14日(土)

                ターマック林道を使用したドライビングレッスンを行います。

                 

                講師には

                BRIGヒルクライムチャレンジシリーズでおなじみの

                元ダートトライアル全日本チャンピオン

                三枝光博選手

                そして昨年2017年のJapan Super Rally Series 2WD チャンピオン

                全日本ラリーJN2チャンピオンを獲得した

                猪股寿洋選手

                2017シーズンは6戦全勝でTGRシリーズチャンピオンを獲得した

                伊豆野康平選手

                また当日は2018パイクスピーク参戦車両のシェイクダウンを兼ねて

                小林昭雄選手もスタッフ参加します

                写真は現在パイクスレギュレーションに合わせてオリジナル制作の

                ロールケージを取り付けている参戦車両(ポルシェ996GT3)

                パイクスピークチャレンジはこちらから

                 

                4/14(土)林道レッスンの詳細はこちらをご覧ください

                KRTヒルクライムレッスン

                 

                また翌日4/15(日)は

                BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ2018

                第2戦 『御嶽スーパークライムVol1』です

                こちらも併せてご参加ください

                観戦もいつも通り無料です

                こちらの情報はヒルクライムサイト

                 

                ヒルクライムチャレンジシリーズ

                 

                2018公式ガイドブック

                御嶽スーパークライム情報

                 

                 

                 


                アクセレラ ラリータイヤ RA162販売開始

                0

                  既に気になっている人も多いと思います。

                  『アクセレラRA162』というグラベルラリータイヤ

                  インドネシア製のラリータイヤです

                  何とも特徴的なトレッドパターン

                  潔い良いくらいの太い溝!

                  そして手にすると一番びっくりするのが、

                  アジアンタイヤとは思えないその柔らかさ

                  「むっむ!これは使えるかもしれないぞ」と思わせる雰囲気があります

                  ということで3月初頭、早速テストしてまいりました。

                  結果としては、値段考えたら「コストパフォーマンスは高い」

                  という結論です。

                  「使い物にならない」とかではなく、独特のトラクション特性を

                  持っていますが、意外にいいんじゃないの!って印象です。

                  パターンが今どきのようで今どきでないこともあり、

                  トラクションに方向性がありますが、

                  逆に車をきちんと動かせる人は前に進ませることができます。

                  低めのブロックと、太い溝がブロックの動きを良くするともに

                  ヨレによる逃げをバランスさせている感じです。

                  スーパードライとの比較はできていませんが、テスト日のような

                  軟質から硬質ですと、今までにない領域のタイヤかもしれません。

                  印象としてはラリーの砂利などの林道にはいいと思います。

                  元々、土やマッディな路面多い地域の発祥ですから、

                  海外(特にアジアン)にありがちな「硬くて使い物にならない」感

                  はありません。

                  なんしろ値段からすると、現在値段が上がり続けている国内タイヤの

                  1/2-1/3程度なので、練習一杯したい若者などにはもってこいです

                   

                  その気になる値段ですが

                  205/65R15 定価9360円(税別)ですが

                   

                  現在キャンペーン価格 

                  8500円(消費税・送料込)で販売しています

                   

                  ご指定のショップさんへのお届け可能です。

                  個人宅はご相談ください。

                  また、取り扱いを希望するショップさんもご相談ください。

                   

                  ご注文・お問い合わせは

                  K'sFACTORY 0265-76-8162

                  info@ks-rally.com

                   

                  ※また写真掲載のオリジナルグラベルホイールも注文受付中です

                  現在数量限定でモニター販売しています

                  通常販売価格12500円(税別)を10000円(税別)にて販売します

                  モニター希望としてお申し込みください

                   

                   

                   


                  KRTヘッドセット注文に関してのご案内

                  0

                    KRTオリジナルヘッドセット

                    商品ページはこちら

                     

                    4月の開幕に向け皆さん準備はいかがですか?

                    発売以来好評をいただいています『KRTヘッドセット』ですが

                    少量生産品のため、昨日の注文で在庫切れとなりました。

                    次回生産は4月を予定していますが、

                    もしご入用の方は今のうちにご注文下さい。

                    ぎりぎり間に合わせることができるかもしれません。

                     

                     

                     


                    『御岳クロカンラリー』中止のお知らせ

                    0

                      『御岳クロスカンラリー』中止のお知らせ 

                      3/10-11日に開催を予定していましたが、

                      ここのところ続いた高気温と、この先1週間の予報を見る限り、

                      除雪作業による雪崩発生の危険性などが予想されることもあり、

                      残念ながら中止にせざるを得ないという判断をしました。

                      (除雪作業自体にも雪崩の危険が伴いますが、

                      除雪してしまったことで起きてしまう雪崩もこの気温では想定できます)

                       

                      しかし、今回のことで多くの方に興味を持っていただく事ができ、

                      賛同の連絡など頂けました。

                      来冬と言わず夏場に何かしら開催できるよう計画してみたいと思います。

                      また、来冬に関しては早めに日程を設定して、開催にこぎつけたいと思います。

                       

                      今後ともよろしくお願いします


                      | 1/96PAGES | >>